ゆうメール取り扱いの改定について

歳月堂では、通信頒布の発送に、日本郵便の「ゆうメール」を利用しています。
その「ゆうメール」の取り扱いが、2018年9月1日に一部変更されていました。

具体的には、規定サイズより大きいもの、もしくは重量1kgを超えるものの取り扱いが、廃止となりました。(規定サイズ=長辺34cm・短辺25cm・厚さ3㎝)

[日本郵政グループ プレスリリース]
ゆうパックのサービス改善及びゆうメール基本運賃等の改定
>>プレスリリースを参照する(PDF形式)

「ゆうメール」は、2017年6月の郵便料金改定に際し「規格内」「規格外」の2種類に分けられました。
今度は、この「規定外」を取り止めた、ということです。
わずか1年余でまたも変更されるとは、従前から段階的に「ゆうメール」適用範囲を狭める計画だったのでしょうか?

歳月堂では、冊子類を「第一種定形外」「ゆうパック」よりも安価に送れる「ゆうメール」を多用してきました。
その「ゆうメール」で重量1kg以上が送れなくなるとは、困惑するほかありません。

他方、ここ何年かの間に「スマートレター」「レターパック(ライト・プラス)」が登場するなど、郵便サービスが多様化しています。
そして、重量に加えてサイズ、特に厚さの規定も重視されるようになりました。

結果、どの方法なら購読者様のご負担を少なくお送りできるのか、判断が大変難しくなっています。

やむなく、「歳月堂オンライン」の計算ツールは、下記のとおりに設定を変えました。
  • 100gまで…「第一種定形外」
  • 1kgまで…「ゆうメール」
  • それ以上…お申し込み前に「お問い合わせください」
(※2019年4月2日に対応済み)
>>「歳月堂オンライン」 計算ツールはこちら

ご注文品を実際に荷造りしてみて、「スマートレター」「レターパック(ライト・プラス)」などを使えばもっと安価に送れるとわかった場合は、そちらの方法を採らせていただきます。
頂戴した送料との差額分は、郵便切手にてご返却申し上げます。

通信購読お申し込みの際は、何卒よろしくご承知下さいますようお願い申し上げます。

2019-04-07 : その他のお知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

歳月堂

Author:歳月堂
歳月堂ブログへようこそ!

発行物の情報

ふぃーるどわーく多摩NEXT
2017年12月発行(増補改訂版)

↑ Click here!

ぶっくれっと石田散薬
2017年8月発行

↑ Click here!

ふぃーるどわーく甲州
2015年7月発行(改訂第2版)

↑ Click here!

新選組even
2015年5月発行

↑ Click here!

ふぃーるどわーく京都 西
2014年8月発行(改訂第3版)

↑ Click here!

歳月堂オンライン

歳月堂について詳しくは
「歳月堂オンライン」をご覧ください
お問い合わせ用メールフォームもご用意しています

ブログ内検索

QRコード

QR